本文へスキップ

抹茶茶碗 ぐい呑み 手作り陶器販売のたぬき窯陶芸工房

向付一覧

向付についてのお知らせ

  • 下記記載の向付は全て桐箱付きです。
  • 桐箱がご不要の方はご注文の際に、オプションから桐箱不要(緩衝材のみ)をお選びください。桐箱代をお引きいたします。 
  • 作品名または写真をクリックすると向付の拡大写真及び詳細画面になります。

向付

油滴天目碗(祈り)の詳細

油滴天目碗(祈り)

五客一組
120,000円[税込]

唐津兎絵片口向付の詳細

唐津兎絵片口向付


14,000円[税込]

藁白抜き菖蒲文向付の詳細

藁白抜き菖蒲文向付

お買い上げありがとうございました。

黒織部向付の詳細

黒織部向付

お買い上げありがとうございました。



向付について

向付(むこうづけ)とは、茶事における懐石料理の最初に出される膳の、料理を盛る器とそこに盛られた料理のことをいいます。膳の手前左側が飯碗で、その右側には汁椀、その向こう側に置かれる器という意味で、器と料理のことを向付と言います。季節の刺身とか和え物などを盛ります。

茶道では、夜咄の茶事(よばなしのちゃじ)という、冬の夕刻、長い夜を楽しむお茶の会があるのですが、その時出される懐石膳の向付には寒い冬なので暖かい料理が盛られます。そこでは料理が冷めないよう向付の器も蓋のあるものを用意するとのことです。

茶道における 人を思いやる心、もてなしの心 ちょっとした気づかいなのですが、陶器を作るうえにおいても非常に勉強になります。いつまでも大切にしていきたい心です。