本文へスキップ

抹茶茶碗 ぐい呑み 手作り陶器販売のたぬき窯陶芸工房

黒織部向付の詳細

黒織部向付
黒織部向付 お買い上げありがとうございました。

黒織部向付(反対側)
この向付は、鬼板などで調合した黒釉(鉄釉)を掛けて前後に長石釉で窓をつけた黒織部の向付です。 長石釉の窓には黒釉を筆で素早く掛けて、動きを表現してみました。 釉調はしっとりとした黒でつやがあり、釉薬が薄くなった所にはこげ茶色が出ています。

黒織部向付(高台)
高台は安定感があり、貝を高台の下に敷いて焼いたのでほどよい緋色が出て温かさが感じられます。

黒織部向付(見込み)

広く、そして深さもある見込み、抹茶茶碗のように沓形(くつがた)に変形した口縁が料理を楽しいものに変えてくれることでしょう。しっとりとした黒色のつやが温かいもの、冷たいものどちらにも合い、盛り付けやすい向付かと思います。



色々な向付があります。向付一覧をご覧ください。

向付一覧へ戻る

料理を包み込む衣として陶器の温かさが生かせるような向付を作りたいと思っています。
どうぞ他の向付もご覧下さい。