本文へスキップ

抹茶茶碗 ぐい呑み 手作り陶器販売のたぬき窯陶芸工房

油滴天目碗 (祈り)の詳細

 陶器作品名 油滴天目碗 (祈り)

油滴天目碗 (祈り)
16.0×12.0×9.0(幅      奥行き      高さ) 五客一組 価格 120,000円 (税込) 桐箱付き【商品番号 S−1】 

油滴天目碗の側面

油滴天目碗 (祈り)の側面

この油滴天目碗(祈り)は、器の形の基本といえる、(たなごころ)である手の形を全体のデザインに取り入れ、祈りをささげる手であり、観音菩薩のようにやさしく包み込むような掌をイメージして心のなかにある、折りの気持ちを表現してみました。

油滴天目碗の側面

油滴天目碗 (祈り)の側面

釉は黒色の鉄釉の一種である油滴天目釉で、繊細なやさしさが出るように、油滴である鉄の結晶は小さめに薄らと出るように抑えた表現にしてみました。

油滴天目碗の正面

油滴天目碗 (祈り)の正面


油滴天目碗の高台(裏側)

油滴天目碗 (祈り)の高台(裏側)

高台はなく、全体に釉が掛けてあり、小さな三点の目土(棚板と釉が接合しないように土で隙間を作る)の跡があります。高台がないので碗自体が、軽くスイングしますが、ひっくり返る事はありません。見た目よりも安定性の良いうつわです。

油滴天目碗の見込み

油滴天目碗 (祈り)の見込み

見込みは掌で包み込むやさしさとあたたかさ、無垢な心を、とろっとしたつやのある釉で表し、指先から見込みに伸びる緋色の一本の線で、心のなかの祈りを表現しています。いつもおいしく食事ができることに感謝しつつ、自然の実りに合掌。


油滴天目碗の釉面

油滴天目碗 (祈り)の釉面

油滴天目碗の釉面のアップ写真です。鉄分の結晶である油滴が、程よくきれいに出ています。

パソコンの環境により実物とは色など異なる場合がございますが
あらかじめ御了承下さい。

写真の現品をお送りいたします。

この油滴天目碗 (祈り)には桐箱が付いています

桐箱は受注生産になりますので一週間程お時間をいただいております。
お急ぎの方は桐箱なしでも発送できます。(エアーキャップなどの緩衝材のみの梱包です。)

箱書きをご希望の方は、ご注文時に箱書き希望とお書き下さい。

作家名・作品名(上記の場合は油滴天目碗 )を桐箱上蓋に墨書きします。
字は上手くありませんが、それでもよろしければ丁寧に心をこめて書かさせていただきます。
墨を乾かすのに2日ほどかかります事をご了承下さい。


食器洗い機でのご使用は、陶器同士がぶつかり合ったりしますと破損したり、ヒビ割れの原因になりますのでご遠慮ください。

 
たぬき窯の陶器を初めてご注文される方はここをクリックしてください。(ご注文/お支払方法)

陶器購入の詳細がお分かりの方はこちらからご注文して下さい。


桐箱がご不要の方はご注文の際に、オプションから桐箱不要(緩衝材のみ)をお選びください。桐箱代をお引きいたします。 


数量:    

油滴天目碗 (祈り)以外にも色々な向付があります。

向付一覧へ戻る

料理を包み込む衣として陶器の温かさが生かせるような向付を作りたいと思っています。
どうぞ他の向付もご覧下さい。