本文へスキップ

抹茶茶碗 ぐい呑み 手作り陶器販売のたぬき窯陶芸工房

朝鮮唐津掛分茶碗(山道)の詳細

朝鮮唐津掛分茶碗(山道)
朝鮮唐津掛分茶碗(山道)お買い上げありがとうございました。

朝鮮唐津掛分茶碗(山道)の反対側
この抹茶茶碗は、唐津の土に藁灰釉を掛け、部分的に鉄釉を掛け分けた朝鮮唐津の茶碗です。 釉色は真っ白ではなく艶のある、しっとりとしたアイボリー色に近く発色しています。胴中央には指で押さえ何本かの筋を入れて変化をつけてみました。

朝鮮唐津掛分茶碗(山道)の側面
◎写真をクリックすると拡大写真になります。
鉄釉と藁灰釉が混ざり合って流れ、景色をつくっています。

朝鮮唐津掛分茶碗(山道)の高台
高台は中央に小さく突起した形の兜巾(ときん)があるすっきりとした形の高台です。藁灰釉が熔けて高台際ぎりぎりまで流れて釉だまりをつくって止まり、高台をひきしめて景色をつくっています。

朝鮮唐津掛分茶碗(山道)の見込み
見込みは深く、胴中央が多少くびれていますので手先にしっくりときます。見込み中央には藁灰釉により結晶(窯変)が多少出ています。

色々な抹茶茶碗があります。抹茶茶碗一覧をご覧ください。

抹茶茶碗一覧へ戻る

ひとつひとつ丁寧に抹茶茶碗としての心を込めて作りました。
手作りのため、まったく同じものはひとつとしてありません。
それぞれに個性のある茶碗になっていると思います。
どうぞ他の抹茶茶碗もご覧下さい。