本文へスキップ

抹茶茶碗 ぐい呑み 手作り陶器販売のたぬき窯陶芸工房

朝鮮唐津掛分茶碗の詳細

朝鮮唐津掛分茶碗
朝鮮唐津掛分茶碗 お買い上げありがとうございました。

朝鮮唐津掛分茶碗(反対側)
この抹茶茶碗は、唐津の土に藁灰釉を掛け、部分的に鉄釉を掛け分けた朝鮮唐津の茶碗です。全体の形は側面が切り立った形になっていますので、凛とした清楚な雰囲気が感じられますが、真っ白ではない藁灰釉の色が温かさをあたえている茶碗かと思います。

朝鮮唐津掛分茶碗(釉流れ)
 藁灰釉と鉄釉が混ざって流れ、茶や青色などに発色して艶やかな美しさを出しています。

朝鮮唐津掛分茶碗(高台)
高台は、貝を高台の下に敷いて焼いていますので緋色が出ており、土見せの部分と全体に掛けてある藁灰釉と鉄釉、そして混ざって流れた釉などが調和して面白みのある高台になっているかと思います。

朝鮮唐津掛分茶碗(見込み)
見込みは広く作られており、深さも見た目よりも深く感じられるかと思います。両手で包み込むとほっとした気持ちになり、温かさと力強さが感じられる抹茶茶碗です。そして茶だまりに流れる藁灰釉と鉄釉と、抹茶の緑とのハーモニーが美しい景色を見せてくれることでしょう。

色々な抹茶茶碗があります。抹茶茶碗一覧をご覧ください。

抹茶茶碗一覧へ戻る

ひとつひとつ丁寧に抹茶茶碗としての心を込めて作りました。
手作りのため、まったく同じものはひとつとしてありません。
それぞれに個性のある茶碗になっていると思います。
どうぞ他の抹茶茶碗もご覧下さい。