本文へスキップ

抹茶茶碗 ぐい呑み 手作り陶器販売のたぬき窯陶芸工房

朝鮮唐津耳付きビアカップの詳細

朝鮮唐津耳付きビアカップ
朝鮮唐津耳付きビアカップ お買い上げありがとうございました。

朝鮮唐津耳付きビアカップ(反対側)
この朝鮮唐津のビアカップは、唐津の土に藁灰釉と鉄釉を上下に掛け分けて焼いています。藁灰の釉調は、釉に含まれている鉄分の発色により薄い青の色がよく出ています。

朝鮮唐津耳付きビアカップ(耳の部分)
ビアカップを握る所の左右二箇所に装飾と滑り止めを兼ねて、手でよった耳を付けてみました。

朝鮮唐津耳付きビアカップ(釉流れ)

白の藁灰釉と黒の鉄釉が混ざって流れ、朝鮮唐津独特の青と茶色の釉色がきれいに出ています。

朝鮮唐津耳付きビアカップ(高台)
 高台は碁笥底(ごけぞこ)高台で広く作られていますので安定感があります。

朝鮮唐津耳付きビアカップ(見込み)
 全体的に安定感のあるビアカップです。持つ所は細く絞られていますし、耳が滑り止めになっていますので持ちやすく出来ています。 ビールの泡立もクリーミーで細かな泡立ちと泡持ちも良くできています。ぜひ一度試していただきたい一品です。



色々なビアカップがあります。ビアカップ一覧をご覧ください。

ビアカップ一覧へ戻る

ビアカップを作る時は、クリーミーな泡立ち、すぐに消えない泡、逃げない香り、口あたりや手に取った時の心地良さなどの使用感を特に大切にしながら、土の味わいがでるよう、心がけて作っています。

陶器のビアカップはビールの味わいをさらに深いものにしてくれるでしょう。ゆったりとした贅沢な大人の時間をぜひお楽しみ下さい。

どうぞ他のビアカップもご覧下さい。