本文へスキップ

抹茶茶碗 ぐい呑み 手作り陶器販売のたぬき窯陶芸工房

総織部徳利の詳細

総織部徳利
総織部徳利 お買い上げありがとうございました。
総織部徳利(反対側)
この徳利は、美濃地方の土に銅緑釉のみを徳利全体に掛けた総織部の徳利です。鉄分の多い灰で調合しましたので、釉調は明るい緑ではなく、艶のある深い落ち着いた緑色に発色しています。 徳利の胴体部分には強めにろくろ目といいますか螺旋状の線を指で入れましたので、その螺旋状の線に銅緑釉が流れて濃淡の景色をつくっています。

総織部徳利(耳)

徳利の胴体部分の二箇所に夢の字の陶印を押して、耳を付けてみました。

総織部徳利(高台)
高台は丸くぽってりとした安定感のある高台になっています。高台内にも銅緑釉を施しました。

総織部徳利(注ぎ口)
全体的にふっくらとしていますが、下方の方がさらにふっくらとしていますので安定感が感じられる徳利です。注ぐときには両端の耳が手にあたり、滑り難くなっていますので持ちやすい徳利かと思います。酒がしたたれば、さらにつやのある深い緑になることでしょう。深い緑の世界を思う存分にお楽しみ下さい。


色々な徳利があります。徳利一覧でご覧ください。

徳利一覧へ戻る

ひとつひとつ、徳利としての注ぎやすさと、酒の切れ、握ったときの心地よさを考えて作りました。

酒器セットなど同種のもので揃えるのもいいですが、今日はこの徳利、明日はこのぐい呑みと、違った種類の徳利やぐい呑みを取り合わせてみるのもお酒の楽しみのひとつではないでしょうか。

伝統的なものから新しいものまで自分の好みに合わせてお楽しみ下さい。どうぞ他の徳利もご覧下さい。