本文へスキップ

抹茶茶碗 ぐい呑み 手作り陶器販売のたぬき窯陶芸工房

織部ぐい呑み(草文)の詳細

 陶器作品名 織部ぐい呑み(草文)

織部ぐい呑み(草文)
7.0×6.7×4.3(幅     奥行き     高さ) 価格 6,500円(税込) 桐箱付 【商品番号 G−116】

織部ぐい呑み(草文)の反対側

織部ぐい呑み(草文)の反対側

この織部のぐい呑みは、銅緑釉を掛け分けて窓に長石釉を施した織部のぐい呑みです。釉調はつやがあり、深い緑色に発色しています。正面には鬼板(褐鉄鉱)で風に吹かれる野草のえのころ草をさっと描いてみました。風を感じて頂ければ幸いです。

織部ぐい呑み(草文)の高台

織部ぐい呑み(草文)の高台

胎土は美濃地方でもぐさ土と言われている土で、水簸しないで掘ったままの原土から私が小石などを取り除き手で練ったざっくりとした土です。高台の下に貝を敷いて焼成しましたので、ほんのりと緋色が出て温かみのあるざっくりとした高台かと思います

織部ぐい呑み(草文)の見込み

織部ぐい呑み(草文)の見込み

見込みは広く、深く、口縁も厚みがあり、口あたりの良いぐい呑みかと思います。全体的にふっくらしていますので、温かみのあるほのぼのとしたぐい呑みです。

パソコンの環境により実物とは色など異なる場合がございますが
あらかじめ御了承下さい。

写真の現品をお送りいたします。

この織部ぐい呑み(草文)には桐箱が付いています

桐箱は受注生産になりますので一週間程お時間をいただいております。
お急ぎの方は桐箱なしでも発送できます。(エアーキャップなどの緩衝材のみの梱包です。)

箱書きをご希望の方は、ご注文時に箱書き希望とお書き下さい。

作家名・作品名(上記の場合は織部ぐい呑み)を桐箱上蓋に墨書きします。
字は上手くありませんが、それでもよろしければ丁寧に心をこめて書かさせていただきます。
墨を乾かすのに2日ほどかかります事をご了承下さい。


食器洗い機でのご使用は、陶器同士がぶつかり合ったりしますと破損したり、ヒビ割れの原因になりますのでご遠慮ください。

ぐい呑み・徳利などは酒がしみ込むことで釉がとろっとして趣のある表情に変化します。
水かまたはぬるま湯で、手ですすぐことをお薦めします。

 
たぬき窯の陶器を初めてご注文される方はここをクリックしてください。(ご注文/お支払方法)

陶器購入の詳細がお分かりの方はこちらからご注文して下さい。


桐箱がご不要の方はご注文の際に、オプションから桐箱不要(緩衝材のみ)をお選びください。桐箱代をお引きいたします。 


数量:    

織部ぐい呑み(草文)以外にも色々なぐい呑みがあります。ぐい呑み一覧でご覧下さい。

ぐい呑み一覧へ戻る

ぐい呑みを作る時は、口あたりの良さと、手に取った時の心地良さを大切にしながら、使用している土の味わいがでるよう、心がけて作っています。

趣味の時間ともいえる晩酌タイム。心地よいお酒の時間を楽しむために、是非自分の好みに合ったぐい呑みを探して見て下さい。黄瀬戸や唐津などの伝統的なぐい呑みからオリジナル釉の個性的なぐい呑みまであります。どうぞ他のぐい呑みもご覧下さい。