本文へスキップ

抹茶茶碗 ぐい呑み 手作り陶器販売のたぬき窯陶芸工房

織部湯呑み茶碗(草文)の詳細

織部湯呑み茶碗(草文)
織部湯呑み茶碗(草文)お買い上げありがとうございました。

織部湯呑み茶碗(草文)の反対側
この湯呑み茶碗は、銅緑釉を掛けて正面に長石釉で窓を付けた織部の湯呑み茶碗です。正面には勢いよく生えているえのころ草を鉄絵で描いてみました。反対側には空に向かって生える草などの勢いをイメージして銅緑釉を抜いて長石釉を掛けて表現してみました。銅緑釉の釉調は透明感がありますが、しっとりとして深みのある緑色に発色しています。

織部湯呑み茶碗(草文)の側面
側面には陶印を押して熱いお茶でも持てるように耳を付けてみました。透明感のある銅緑釉が強めにつけたろくろ目にそって濃淡がきれい出て景色になっています。

織部湯呑み茶碗(草文)の高台

高台は大きめで安定感が感じられます。貝を高台の下に敷きましたので緋色がきれいに出ています。


織部湯呑み茶碗(草文)の見込み
見込みに流れた銅緑釉もよく熔けて流れ、長石釉とあいまって見込み全体に温か味をかもし出しています。胴が少しくびれていますし、ろくろ目が手にしっくりときて滑り難くなっています。手にそっとおさまり、ほっとする湯呑み茶碗かと思います。


色々な湯呑み茶碗があります。湯呑み茶碗一覧をご覧ください。

湯呑み茶碗一覧へ戻る

湯呑み茶碗を作る時は、自然に飲める口あたりの良さ、手に取った時の心地よさ、そしてお茶の温かみが柔らかく自然に伝わるように心がけて作陶しています。

お茶の間で、会社でほっと一息つくときのリフレッシュタイム。自分の好みに合った湯呑み茶碗でくつろいで下さい。そして楽しんで下さい。どうぞ他の湯呑み茶碗もご覧下さい。