本文へスキップ

抹茶茶碗 ぐい呑み 手作り陶器販売のたぬき窯陶芸工房

織部ぐい呑み(葡萄)の詳細

織部ぐい呑み(葡萄)
織部ぐい呑み(葡萄)お買い上げありがとうございました。

織部ぐい呑み(葡萄)の反対側
この織部のぐい呑みは、美濃地方の土に銅緑釉を掛け分けて窓に長石釉を施した織部のぐい呑みです。鉄分の多い灰で調合しましたので釉調は明るい緑ではなく、艶のある深い落ち着いた緑色に発色しています。 鬼板(褐鉄鉱)を筆にたっぷり含ませて正面に筆をさっと走らせて、竹串で彫って葡萄の絵を描いてみました。

織部ぐい呑み(葡萄)の高台
高台はほど良く浮き出た力強さのある高台です。高台際まで銅緑釉が流れましたので釉だまりでサインが半分隠れてしまいました。筆で描いた鬼板も高台際まで流れて景色をつくっています。

織部ぐい呑み(葡萄)の斜め上から
織部ぐい呑み(葡萄)の見込み
見込みは深さと、広さもあり、口縁に掛った銅緑釉が流れて景色をつくっています。上方と下方が広がって真ん中がくびれた形をしていますので持ちやすく手にしっくりとくるぐい呑みかと思います。ぜひ一度お試しください。

色々なぐい呑みがあります。ぐい呑み一覧でご覧下さい。

ぐい呑み一覧へ戻る

ぐい呑みを作る時は、口あたりの良さと、手に取った時の心地良さを大切にしながら、使用している土の味わいがでるよう、心がけて作っています。

趣味の時間ともいえる晩酌タイム。心地よいお酒の時間を楽しむために、是非自分の好みに合ったぐい呑みを探して見て下さい。黄瀬戸や唐津などの伝統的なぐい呑みからオリジナル釉の個性的なぐい呑みまであります。どうぞ他のぐい呑みもご覧下さい。