本文へスキップ

抹茶茶碗 ぐい呑み 手作り陶器販売のたぬき窯陶芸工房

織部紫陽花文茶碗の詳細

織部紫陽花文茶碗
織部紫陽花文茶碗 お買い上げありがとうございました。

織部紫陽花文茶碗(反対側)
この織部の抹茶茶碗は、美濃地方の土に銅緑釉を掛け分けて窓に長石釉を施した織部の抹茶茶碗です。釉調は釉薬がよく熔けて流れましたので透明感のある緑色に発色しています。酸化鉄を筆にたっぷり含ませて正面に筆をさっと走らせて、竹串で酸化鉄を彫って紫陽花の絵を描いてみました。

織部紫陽花文茶碗(高台)
高台は際のところまで銅緑釉がよく熔けて流れ、大きな釉だまりをつくって見所になっています。釉がよく流れていますのでサインも少しかくれてしまいました。また一筋の釉流れが高台内まで流れてしまいましたので高台を削って処理してあります。

織部紫陽花文茶碗(斜め上から)

織部紫陽花文茶碗(見込み)
見込みは広さも深さも感じられます。また沓形(くつがた)に多少変形しておりますので、口縁から少し流れた銅緑釉も相まって茶碗に心地良い動きを与えてくれます。鮮やかな緑の抹茶が似合う茶碗かと思います。

色々な抹茶茶碗があります。抹茶茶碗一覧をご覧ください。

抹茶茶碗一覧へ戻る

ひとつひとつ丁寧に抹茶茶碗としての心を込めて作りました。
手作りのため、まったく同じものはひとつとしてありません。
それぞれに個性のある茶碗になっていると思います。
どうぞ他の抹茶茶碗もご覧下さい。