本文へスキップ

抹茶茶碗 ぐい呑み 手作り陶器販売のたぬき窯陶芸工房

黄瀬戸菖蒲文茶碗の詳細

黄瀬戸菖蒲文茶碗
黄瀬戸菖蒲文茶碗 お買い上げありがとうございました。

黄瀬戸菖蒲文茶碗(斜め上から)
この黄瀬戸の抹茶茶碗は、姥目樫(うばめがし)の灰に千倉石(ちくらいし)などを合わせた釉薬を掛けてあります。茶碗の胴まわりは、強めに木べらで胴締めしてみました。その胴締めされた上側に、竹串で勢いよく咲く菖蒲を彫ってみました。

黄瀬戸菖蒲文茶碗(反対側)
この黄瀬戸茶碗は全体的に落ち着いた釉調でかせたなかにもじんわりとしたつやがあり、静かな潤いが感じられます。

黄瀬戸菖蒲文茶碗(高台)
高台の下にはあさりの貝殻を敷いて焼きましたので緋色がよく出ており、貝の目痕も少し残っています。

黄瀬戸菖蒲文茶碗(見込み)
釉調は落ち着きのある渋さ(静)があり、茶碗の造形は強めの胴締により、沓形(くつがた)に変形して面白い動きのある茶碗なっています。見込みも広く、抹茶の緑が映える一碗です。

色々な抹茶茶碗があります。抹茶茶碗一覧をご覧ください。

抹茶茶碗一覧へ戻る

ひとつひとつ丁寧に抹茶茶碗としての心を込めて作りました。
手作りのため、まったく同じものはひとつとしてありません。
それぞれに個性のある茶碗になっていると思います。
どうぞ他の抹茶茶碗もご覧下さい。