本文へスキップ

抹茶茶碗 ぐい呑み 手作り陶器販売のたぬき窯陶芸工房

黄瀬戸紫陽花文ぐい呑みの詳細

<META黄瀬戸紫陽花文ぐい呑み
黄瀬戸紫陽花文ぐい呑み お買い上げありがとうございました。

黄瀬戸紫陽花文ぐい呑み(斜め上から)
この黄瀬戸のぐい呑みは、姥目樫(うばめがし)の灰に千倉石(ちくらいし)などを合わせた釉薬を掛けてあります。ちょっと低めの腰のあたりに胴紐を木ベラで一回りさせて、その上にほのぼのとした紫陽花(あじさい)を竹串で彫ってみました。

黄瀬戸紫陽花文ぐい呑み(反対側)
この黄瀬戸のぐい呑みは、じんわりとした深みのある釉調で、特に見込みの底部にはうばめがしの灰がよく熔けて溜り、潤いのある飴色に近い釉調になって景色をつくっています。

黄瀬戸紫陽花文ぐい呑み(高台)

高台は木ベラで浮き出る様に一削りされています。手で削っていますので、多少楕円形に削られていて面白みのある高台です。
貝を高台の下に置いて焼きましたので緋色がよく出ており、黄瀬戸の深い黄色と緋色が温か味を与えてくれます。



黄瀬戸紫陽花文ぐい呑み(見込み)
見込みはは深く、広く、ほど良い大きさでしっくりとして手になじむぐい呑みです。見込みの底に溜まった灰釉と少し流れたタンパンの緑がさらなる深みを与えてくれます。目に染みる青葉を愛でながら、野山に想いを馳せて一杯傾けたいぐい呑みです。


色々なぐい呑みがあります。ぐい呑み一覧でご覧下さい。

ぐい呑み一覧へ戻る

ぐい呑みを作る時は、口あたりの良さと、手に取った時の心地良さを大切にしながら、使用している土の味わいがでるよう、心がけて作っています。

趣味の時間ともいえる晩酌タイム。心地よいお酒の時間を楽しむために、是非自分の好みに合ったぐい呑みを探して見て下さい。黄瀬戸や唐津などの伝統的なぐい呑みからオリジナル釉の個性的なぐい呑みまであります。どうぞ他のぐい呑みもご覧下さい。