抹茶茶碗 ぐい呑み
手作り陶器販売のたぬき窯

手作り陶器販売のたぬき窯キャラクターマーク

手作り陶器販売/たぬき窯陶芸工房ホーム>>徳利>>唐津徳利(えのころ草)の詳細

唐津徳利(えのころ草)の詳細

唐津徳利(えのころ草)の詳細

唐津徳利(からつ とっくり)(えのころ草)

7.5×7.5×11.5(幅     奥行き     高さ) 容量 約180cc 価格 12,000円 (税込)桐箱付き
【商品番号 T−18】


唐津徳利(えのころ草)の反対側
◎写真をクリックすると拡大写真になります。

この徳利は、唐津の土に長石釉を掛けた絵唐津の徳利です。
鬼板で風にそよぐえのころ草を描き、注ぎ口にさっと筆を走らせて口をひきしめてみました。

唐津徳利(えのころ草)の高台
◎写真をクリックすると拡大写真になります。

高台は丸くぽってりとした安定感のある高台で、高台中央には小さく突起した形の兜巾(ときん)があります。
あえて貝を高台下に敷かず、土みせにして焼いてみました。

唐津徳利(えのころ草)の注ぎ口
◎写真をクリックすると拡大写真になります。
全体的にふっくらとして安定感のある徳利です。ひょうひょうとしてユーモラスさもあるので目でも楽しめる徳利かと思います。

パソコンの環境により実物とは色など異なる場合がございますが
あらかじめ御了承下さい。

写真の現品をお送りいたします。

この唐津徳利(えのころ草)には桐箱が付いています。

桐箱は受注生産になりますので一週間程お時間をいただいております。
お急ぎの方は桐箱なしでも発送できます。(エアーキャップなどの緩衝材のみの梱包です。)

箱書きをご希望の方は、ご注文時に箱書き希望とお書き下さい。

作家名・作品名(上記の場合は唐津徳利)を桐箱上蓋に墨書きします。
字は上手くありませんが、それでもよろしければ丁寧に心をこめて書かさせていただきます。
墨を乾かすのに2日ほどかかります事をご了承下さい。

電子レンジでのご使用は可能です。但し、長時間でのご使用は徳利自体が
高温になり危険ですし、亀裂が生じる場合もございますのでお控え下さい。

酒好きの私は毎日一分ほど電子レンジでチンして呑んでいます。

食器洗い機でのご使用は、陶器同士がぶつかり合ったりしますと破損したり、
ヒビ割れの原因になりますのでご遠慮ください。

徳利・ぐい呑みなどは酒がしみ込むことで釉がとろっとして趣のある表情に変化します。
水かまたはぬるま湯で、手ですすぐことをお薦めします。

たぬき窯の陶器を初めてご注文される方はここをクリックしてください。
(陶器購入についてのページへ)


陶器購入の詳細がお分かりの方はこちらからご注文して下さい
ご注文フォームから注文される方
ファックスでご注文される方

唐津徳利(えのころ草)以外にも
下記のような徳利があります。

徳利一覧へ戻る

ひとつひとつ、徳利としての注ぎやすさと、酒の切れ、握ったときの
心地よさを考えて作りました。

酒器セットなど同種のもので揃えるのもいいですが、今日はこの徳利、
明日はこのぐい呑みと、違った種類の徳利やぐい呑みを取り合わせてみるのもお酒の楽しみのひとつではないでしょうか。

伝統的なものから新しいものまで自分の好みに合わせてお楽しみ下さい。
どうぞ他の徳利もご覧下さい。

白釉握り手徳利 夕彩釉蜻蛉絵
握り手徳利
黄瀬戸徳利 灰釉徳利
灰釉えのころ草文
徳利
唐津白がけ徳利 貝釉大地酒器 朝鮮唐津徳利
夕彩蜻蛉絵徳利 玉釉徳利 黄瀬戸菖蒲文徳利 黄瀬戸紫陽花文
徳利
唐津徳利(水仙) 斑唐津徳利 朝鮮唐津徳利(一) 無地唐津徳利
総織部徳利 総織部徳利(小) 白化粧徳利
唐津皮鯨徳利 無地唐津徳利
(静寂)
唐津徳利(蜻蛉) 斑唐津徳利(雲海)
朝鮮唐津徳利(初雪) 織部葡萄文徳利
このページのトップへ
手作り陶器販売/たぬき窯陶芸工房ホームヘ
酒 器
ぐい呑み
徳利
ビアカップ
茶 陶
抹茶茶碗
菓子器
向付
食 器
ご飯茶碗
湯呑み茶碗
陶芸作家プロフィール
たぬき窯陶芸工房へのお問い合わせ
陶芸関連リンク集
サイトマップ
陶器の扱い方について
陶器を入れる木箱の紐の結び方
陶芸用語
夕彩釉について
黄瀬戸について
唐津焼について
織部について
インフォメーション
陶器購入について
ご注文フォーム
ファックスご注文フォーム※印刷してお使いください
陶器の梱包とギフトについて
お支払いについて
送料について
返品・交換について
特定商取引に基づく表示
個人情報の取り扱いについて

Copyright(C) 2017 手作り陶器販売/たぬき窯陶芸工房 All Rights Reserved