本文へスキップ

抹茶茶碗 ぐい呑み 手作り陶器販売のたぬき窯陶芸工房

玉釉掛分ぐい呑みの詳細

玉釉掛分ぐい呑み
玉釉掛分ぐい呑み お買い上げありがとうございました。

玉釉掛分ぐい呑み(反対側)
この玉釉掛分ぐい呑みは、銅彩釉(銅による発色)に白釉(藁灰)を掛け分けたぐい呑みです。銅彩の部分は、マット系の藁灰釉に銅も織部より少ない調合にしましたので、織部の緑とは違い、明るさのある翡翠色(ひすいいろ)に近く発色しています。

玉釉掛分ぐい呑み(高台)
貝を高台の下に敷いて焼成していますので、貝の目跡もあり、明るい緋色が出ています。

玉釉掛分ぐい呑み(見込み)

見込みには、白釉に玉釉(銅彩釉)が流れ込み、景色を作っています。見込みの深さはあまりありませんが、口縁から流れる玉釉により、広がりが感じられるつくりになっています。幽玄な釉流れの景色を楽しみながら一杯どうぞ。



色々なぐい呑みがあります。ぐい呑み一覧でご覧下さい。

ぐい呑み一覧へ戻る

ぐい呑みを作る時は、口あたりの良さと、手に取った時の心地良さを大切にしながら、使用している土の味わいがでるよう、心がけて作っています。

趣味の時間ともいえる晩酌タイム。心地よいお酒の時間を楽しむために、是非自分の好みに合ったぐい呑みを探して見て下さい。黄瀬戸や唐津などの伝統的なぐい呑みからオリジナル釉の個性的なぐい呑みまであります。どうぞ他のぐい呑みもご覧下さい。