本文へスキップ

抹茶茶碗 ぐい呑み 手作り陶器販売のたぬき窯陶芸工房

古瀬戸釉ぐい呑みの詳細

古瀬戸釉ぐい呑み
古瀬戸釉ぐい呑み お買い上げありがとうございました。

古瀬戸釉ぐい呑み(反対側)
古瀬戸釉とは鉄釉の一種で土灰と長石を調合した釉に鬼板などの鉄分を入れた釉です。この古瀬戸釉ぐい呑みは、信楽の粗めのざっくりとした土に鉄釉を掛けて焼いたもので、自然にできたろくろ目に釉が溜ったり流れたりと、鉄釉らしい変化を見せています。

古瀬戸釉ぐい呑み(高台)
高台は薄らと緋色がでていて大きく土見せになっており、安定感のあるざっくりとした高台が、このぐい呑み全体の落ち着きをつくっています。

古瀬戸釉ぐい呑み(見込み)

切り立った深めな見込みには古瀬戸釉である鉄釉が流れて景色をつくっており、さらなる深みをあたえています。 全体的におおらかなつくりで素朴な温かみが感じられるぐい呑みです。



色々なぐい呑みがあります。ぐい呑み一覧でご覧下さい。

ぐい呑み一覧へ戻る

ぐい呑みを作る時は、口あたりの良さと、手に取った時の心地良さを大切にしながら、使用している土の味わいがでるよう、心がけて作っています。

趣味の時間ともいえる晩酌タイム。心地よいお酒の時間を楽しむために、是非自分の好みに合ったぐい呑みを探して見て下さい。黄瀬戸や唐津などの伝統的なぐい呑みからオリジナル釉の個性的なぐい呑みまであります。どうぞ他のぐい呑みもご覧下さい。