本文へスキップ

抹茶茶碗 ぐい呑み 手作り陶器販売のたぬき窯陶芸工房



たぬき窯陶芸工房は自然をテーマに抹茶茶碗 ぐい呑み 徳利などの手作り陶器を制作やさしい温もりのある陶器をお届けします。

陶芸作家 瀧公伸の作品を窯出し直販で販売いたします。

たぬき窯陶芸工房へようこそ。
たぬき窯陶芸工房は東京を拠点として、陶芸作家 瀧公伸が制作いたしました陶器作品を窯から直接ご紹介・販売いたします。一点一点全て手作りになりますので全く同じ作品はございません。世界に一つだけの作品をお楽しみください。
    
手作り陶器販売/たぬき窯陶芸工房からのお知らせ

たぬき窯陶器ギャラリー

新しく窯出しした陶器やおすすめ陶器を紹介します。

※陶器作品名または写真をクリックしてください。陶器の拡大写真及び詳細画面になります。
斑唐津茶碗の詳細
陶器作品名:斑唐津茶碗
この抹茶茶碗は、唐津の土に藁灰釉だけを掛けた斑唐津の茶碗です。藁灰釉がよく熔けて流れ、滝の様な景色を作って見所になっています。 見込みも広く、手にしっくりとくる抹茶茶碗かと思います。見込みには藁灰釉がきれいに流れて斑唐津らしい釉調が見られます。抹茶の緑色が映える茶碗かと思います。ぜひお試しください。



斑唐津徳利(二合)の詳細
陶器作品名:斑唐津徳利(二合)
この徳利は、唐津の土に天然の藁灰で調合した藁灰釉を掛けた斑唐津の徳利です。容量は約360ccで二合入ります。藁灰釉は、とろっとしたつやがあり、真っ白ではなく温かみのある白さで斑唐津らしい釉調に発色しています。全体的にふっくらとして安定感のある徳利です。釉調に変化があり、目でも楽しめる徳利かと思います。 ごゆっくりとお楽しみ下さい。


黄瀬戸湯呑み茶碗(茶花)の詳細
陶器作品名:黄瀬戸湯呑み茶碗(茶花)
この湯呑み茶碗は、姥目樫(うばめがし)の灰と長石を調合した釉薬を掛けた黄瀬戸の湯呑み茶碗です。釉調はとろっとしたつやがあり、透明感のある【ぐい呑み手】風に仕上がっています。 木べらで一廻り胴締めして正面にお茶の花を竹串で彫ってみました。流れる木灰釉が彫りに溜まって見所になっています。見込みの釉調がきれいな湯呑み茶碗です。ぜひ緑のお茶を入れて一服どうぞ。
斑唐津ぐい呑み(釉だまり)の詳細
陶器作品名:斑唐津ぐい呑み(釉だまり)
このぐい呑みは、唐津の土に天然の藁灰を調合した藁灰釉を掛けた斑唐津のぐい呑みです。 真っ白ではなく温かみのあるクリーム色に近い白色で、つやがあります。口縁は正円に近く、広さのある、おおらかな見込みです。お酒を注げばさらに温か味の感じられるぐい呑みかと思います。ぐいっと一杯どうぞ。




陶器作品一覧


やきもの(磁器・陶器・せっ器)について

陶磁器は、素材で分けますと磁器陶器せっ器の三つに大きく分けられます。
磁器は石物と呼ばれるように、素材は天草陶石などの陶石やカオリンを主体にして作られています。一般的に、ご飯茶碗などの食器類は磁器で作られているものが多く、一番多く普及していると思います。磁器は透光性があり、1300度近くで焼成していますので、よく焼け締まり、吸水性もなく水漏れすることはありませんので日常の食器にはむいているかと思います。

陶器は土物といわれるように蛙目粘土や木節粘土などの陶土で作られています。陶器は透光性はなく、磁器よりも低い温度で焼成され、あまり焼け締まりません。また陶器は磁器に比べ、多孔質(小さな穴が無数ある)で、施釉陶器でも貫入(釉面の細かいひび)があり吸水性があるので水漏れすることもありますが、陶器が多孔質であり厚手に作られていることで磁器などよりも特に保温性に優れています。また見た目にも温かみが感じられるのが陶器です。

せっ器は有色の土で陶器と磁器の中間的な性質を持っており、よく焼けしまりますので水漏れはあまりしません。日本で言うと備前焼・常滑焼・萬古焼などがそれにあたります。

このように陶器などのやきものには土の性質によりそれぞれの良さがあります。個々の生活や季節に合わせていろいろなやきものを使い分けてみてはいかがでしょうか。
夏には冷たいものを磁器の器に入れたり、水にひたされた備前の皿など涼しげでいいです。
また冬には温かみのある陶器で温かいものをいただければ心まで暖まります。